テレクラが衰退した理由について

風俗店で直接処理してもらった方が得である場合もあります

さらにテレフォンクラブを運営して稼いだお金は、暴力団などの反社会的組織の活動資金になっている事で暴力団取締りの一環で排除された事も理由です。
当然ですがテレフォンクラブの利用中に、警察による抜き打ちのガサ入れを掛けられて、捕まって取り調べられるリスクが増えたました。
もしもガサ入れで取り調べられたら、勤めている会社に捕まった情報を報告されるため利用されなくなって行きました。
テレフォンクラブが衰退すると、女性との会話を楽しむサービスとしてチャットレディや、携帯電話を使った出会い系サービスが主流となって行きました。
出会い系のサービスを利用するメリットは、テレフォンクラブのように店舗に行かないで好きな場所で利用出来たり、お金が掛からない事や警察にガサ入れされるリスクが無い点です。
但し出会い系のサイトであっても、相手方とのデートや性交渉をする時に、犯罪にあうリスクはゼロでは無く、自己責任で行う事になります。
だから同じように不用意に悪意のある女性に会いに行くと、強面の男性がいて美人局やオヤジ狩りにあう危険性はゼロではないです。
チャットレディを利用すれば、電話の声だけでなく相手の女性の顔を見ながら会話を楽しめるメリットはあります。
だけどテレフォンクラブと違って、通信に掛かる使用料金が生じたり、サービス自体の利用にもお金が掛かります。
チャットレディの場合は、アルバイトで働くサクラの女性が殆どで、マニュアル的な会話しか楽しめない事も多いです。
さらに性的なサービスを受けるためには、かなりの高額が要求される事が多くて、風俗店で直接処理してもらった方が得である場合もあります。

テレフォンクラブの略語で、電話を使って女性と会話をする性風俗サービスデメリットは手間と時間とお金が必要風俗店で直接処理してもらった方が得である場合もあります